MAMI AND THE MACHIII

「BORN AND DIE AS RAMONE / ラモーンに生まれラモーンで死す」
ロックンロールが産声を上げた1950年代、ロックは全世界の退屈を持て余すキッズを熱狂させた。そのわずか20年後、ヒッピームーブメントや学園紛争は脆くも終焉し、かろうじてロックだけが1970年代に生き残った。しかしロックはメッセージも激情をも失い、金の儲かるエンターテイメントへと成り下がっていた。そんなロックが巷に溢れる時代に「野球のバットを持った等身大のパンクロック・ヒーロー」が彗星のごとく登場した。そう、RAMONESである。彼らの音楽は、それまでクソ長く退屈極まるギターソロを延々と奏でるしか能の無いロックバンドにウンザリしていたキッズの脳天を、バットでブチのめして目を覚まさせた。豪華絢爛なロックスターとは真逆の履き古したスニーカー・ジーンズ・Tシャツと革ジャンという出で立ちでテクニックもクソも無い問答無用な等身大激情型パンクロックを引っ提げてロック産業界の常識をRAMONESはひっくり返したのだった。RAMONESを知ったキッズは「これなら自分にもできる!」と自らロックを演奏する勇氣を奮い立たせた。自分にもできる!これこそが真実でありリアルな全てだった。このRAMONESの功績は偉大かつ絶大だった。彼らの登場後に全世界で雨後のタケノコのように若きパンクロック・バンドが誕生し世界のロックシーンは大きく変革した。これこそが、あの「1970年代のオリジナル・パンクロック・ムーブメント」だった。THE MACH IIIも間違いなくそのパンクロック・ムーブメントの落とし子であり、RAMONESの偉大なる等身大パンクロックの様式美を実践継承して、単なるカバーやクローンバンドとは違うオリジナルの境地を目指して1983年からTHE MACH IIIは疾走を開始した。40年近くの時を経てもなお、その初期衝動を胸に新たなライダーMAMIを迎えてTHE MACH IIIは走り続ける。その疾走は地の果てまで激情の尽きるまで続くだろう。

BORN AND DIE AS RAMONE.

「ファンの皆様へお知らせです」

この度、長きにわたりバンドサウンドの屋台骨を支え続けて来たドラマーのシャイチが、一身上の都合により残念ながら正式に脱退する事と相成りました。 思い返せば30年前… 高校卒業したばかりの若かりし彼をバンドに加入させて、理不尽なまでのドラミングを要求し続けたにも関わらず、地道な研鑽を積み重ねて現在の境地にまで到達した彼の努力は尊敬に値します。 一時は完全にバンド稼業から引退した自分を、再びステージに呼び戻してくれたのも彼の功績であったと思います。 恐らく彼の声かけが無ければ、自分はバンドには復帰していなかったでしょう。 盟友と表現して良いほどの大きな引き寄せを感じた復帰劇でした。 今回その盟友と袂を分かつ事にはなりましたが、MAMI AND THE MACH3 の活動は変わりなく継続して参ります。 この場をお借りしまして、シャイチの今後の多幸を祈ると共に、深く感謝と大きな労いを表明致します。 大変お疲れ様でした、有難うございました。 NOLLY MACH3 メンバー一同